発売日から近いものは高値になりやすい

市場に出回っている数が少ないので希少価値が生じる

発売日から近いブランド品が高く買い取られるのは単に新品同様なだけではなく、中古市場に出回っている数が少ないことも理由に挙げられます。中古品は市場に出回っている数で価値が決まることが多く、ブランド品も例外ではありません。発売されたばかりの物は中古品がほとんど存在せず、そのために希少性が高くなります。同じ物品でも発売日から近いほど中古市場での数は少ないと言えるので、不要と感じた場合は速やかに売ってしまうのが賢明と言えるでしょう。ブランド品は発売直後がもっとも需要が多い傾向にあるので、場合によっては中古品でありながら新品よりも高い金額で売られることがあります。そのような点も踏まえ、要らない物は早めに売るのが得と言えるのです。

傷みが少ないので価値が落ちにくい

有名なブランド品でも傷や汚れなどで状態が非常に悪くなっていると買い取りを拒否されることがあります。どんなに人気が高いブランド品でも、欲しいと思えないほどに傷んだ物は売り物にはなりません。中古品は状態の良し悪しで価値が変わるため、シビアな査定になる傾向があります。その点、発売されたばかりのブランド品は手元に置かれていた期間が短いので傷みがほぼありません。新品と比べても見分けがつかないほどの良好な状態なので、中古市場でも高値で扱われます。中古品は他の人が使っていた物なので、どうしてもある程度の劣化は避けられません。しかし、発売されたばかりの品物は使用期間が非常に短いので価値を損ねるほどの傷みが無く、高く売ることができます。